2018年08月

寝不足はお肌に大敵!!

睡眠と肌の健康は密接な関係があります。

まず、十分な睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌が促されます。

寝ている時に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを正常に整え、健やかな

肌のキープに欠かせないものです。

睡眠不足に陥ってしまうと、成長ホルモンがしっかり分泌されず、肌のターンオーバーが

乱れてしまいます。

また眠ることによって、紫外線や乾燥、その他様々な外的刺激なので

日中傷ついた皮膚細胞の修復や再生も行っているんですよ

更に睡眠不足によって新陳代謝が低下して血行が悪くなり、肌に充分な栄養を届けられなり

古い皮膚細胞がそのまま表皮に蓄積されることになり

ニキビや乾燥などの肌荒れ、シミ、シワなどの様々な肌トラブルを招いてしまいます。

 

もし睡眠不足でお悩みの方 ぜひ リンパマッサージをおすすめ致します。

リンパマッサージをすることで 体内のリンパが正常に流れることによって

体の中の老廃物を排出し代謝機能が高まり睡眠もとりやすくなり

寝つきが良くなり、ぐっすり眠れるようになると思います。

 

 

顔脱毛しませんか(*^_^*)

鼻の下の毛がだんだん濃くなって、頻繁に剃らないと気になって仕方がない・・・。

また40歳を過ぎると女性ホルモンが低下して顎に 太い毛が数本気になる・・・。

 

顔脱毛しませんか??

お顔の脱毛することで お手入れのてまがなくなる以外に

脱毛すると、毛穴が引き締まり美肌になりますよ

産毛がなくなることで化粧のノリが良くなり、化粧崩れもしにくくなりますよ

産毛がなくなると、肌のトーンが明るくなって、色白に見えるようになりますよ

 

そして脱毛することで、顔に雑菌等がつきにくくなりニキビや肌の炎症、かゆみなどの

肌トラブルも起こりにくくなります。

★お盆休みのご案内★

日立店 13日14日15日お盆休み

      21日22日夏休み

石岡店 12日13日14日お盆休み

      24日25日夏休み

ご迷惑お掛けしますが 宜しくお願い致します。

日焼け止めのSPFとPA

日焼け止めに表示されているSPFとPAは、それぞれ日焼け防止効果の強度を示してます。

なんとなく 数値が高い方が効果的の様な気がして 数値の高い方を選びがちですが

日焼け予防効果が高いのも良いですが、その分お肌に負担がかかっているので

TPOに合わせた日焼け止めオススメ致します。

 

SPFは紫外線B波からお肌を守るおおよその時間。SPFの数値が高いほど、お肌が日焼けするまでの

時間が長くなります。

お肌がサンバーン(肌が赤くなってヒリヒリする状態)を起こすまで、

夏の日差しの下は約20分と言われてます。SPF値は、この20分を

「どれだけ先延ばし出来るか」という数値です。例えばSPF30の日焼け止め効果がある場合

20分×30で約600分。 10時間効果があることになります。

 

PAは紫外線A波からお肌を守る強度を示します。PAは「+」で示され、きょうどが4段階で表示。

・+ やや効果ある  ・++ 効果ある  ・+++高い効果ある  ・++++極めて高い効果がある

普段の生活であれば PA++で十分ですよ。

 

ちなみにSPF50PA++++は 標高の高い雪山や南国のリゾート、塗り直す時間が無い時にオススメです。

 

 

 

夏の肌不調の改善

夏の肌不調の大きな要因はやはり紫外線。

紫外線は活性酸素を発生させて肌に炎症を起こします。

この炎症ががさつきや皮脂の過剰分泌など不調の元です。

角層をしっかり潤わせて状態をよくして、肌のバリア機能を整えておきたいですね

また、肌は内臓の鏡ですから中からも栄養をしっかり補給しましょう。強い肌力をお育てれは

紫外線の影響も跳ね返せますよ。

この時期 お客様のフェイシャルに入らせて頂くと 皆様 お肌のがさつきがございます。

肌は 毎日変化しておりますので 洗顔する時にザラツキはないかを確かめて頂きたいなと思います。

そして 何と言っても 化粧水での保湿です。

そして丈夫な肌作りに欠かせないたんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品)をバランスよく食べましょう

夏の疲れやだるさに

まだまだ 暑いですね

夏の強い日差しは紫外線がいっぱい この紫外線は体の酸化を促進します!!

これを防いでくれる身近な食材があるんです

それは紫蘇なんです!!

 この時期に紫蘇を食べることで紫外線による酸化を抑え

冷房で冷え、免疫の落ちた体を守ります。

最近では糖化を促進する炭水化物を控えるなど糖質制限の食事に注目が集まってます。

糖質を摂りすぎると人間は酸化しすなわち老化が進みます。

抗酸化力のある紫蘇を摂ることで、糖化、酸化を遅らせ、老化を抑えることに繋がります。

また 紫蘇の葉にはロズマリン酸が含まれてます このロズマリン酸には抗アレルギー作用があり

年間を通してハウスダスト、ダニアレルギーや花粉症など 様々な種類のアレルギー性鼻炎に

悩む方に 紫蘇が症状緩和の一助になる可能性も秘めてるんですよ