エステleafブログ

紫外線を防ぐための6つの注意

長時間、屋外で日光を浴びるなど、日焼けの可能性があるときには紫外線対策が必要です!!

1、お昼の日光を出来るだけ避ける

       日光の紫外線は午前10時~午後2時の間が強いのでご注意を

2、紫外線を99%以上遮断するサングラスをかけましょう

      レンズの色が薄いものがオススメ 紫外線は肌だけではなく目にも影響しますのでご注意を

3、帽子をかぶりましょう。日傘を使いましょう

      縁が広く、眼・耳・顔・首を紫外線から守ってくれる帽子をかぶることで

      眼が浴びるUV‐Bを半分に!! 日傘も直射日光を遮ります

4、影の中に留まりましょう

      直接 直射日光を浴びない一つの方法

5、長袖・長ズボンを着ましょう

      皮膚の露出を少なくして紫外線から皮膚を守りましょう

6、屋外に出る時は日焼け止めを塗りましょう

      SPFの値 PAが高い日焼け止めを必要に応じて塗りましょう

      SPFは UV-B防止効果が高く 数値が高いほど防止効果が高いです

      PAは UV-A防止効果が高いです。+、++、+++の三段階があり+が多いほど防止効果が高いです。

      屋外での労働、遊び、運動などでは 2時間ごとに日焼け止めを塗り直しましょう

以上 早速 今日から心がけて頂きたいと思います。