エステleafブログ

ホルモンのバランスが崩れると

生理が終わられたお客様から 生理が終わるとね、色々と体の変化が起こるのよね

毎月 生理の度の憂うつだったけど、実は生理に体は守られていたんだねっと言う会話を

することが多いです。

 

女性ならではのからだのしくみをコントロールするのは

 エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる二つのホルモンです。

エストロゲンは 女性らしいからだ作りを助けるホルモンで、生理にも密接に関わってます。また

髪や肌の潤いを保つ働きがあり、更に、丈夫な骨を維持したり、コレステロール値の調整をしてくれたり、

動脈硬化を防ぐなど、様々な働きで女性の体を守ってくれてます。

 プロゲステロンは、生理が始まって約2週間経つと、体の中で排卵が起こります。この時に増えるのが

プロゲステロンです。子宮内膜を柔らかくし妊娠の準備をします。妊娠が起これば分泌が続き出産まで

子宮内膜を維持します。妊娠が起こらない時は、分泌は約2週間で減少し、子宮内膜がはがれ落ちます

これが生理です。またプロゲステロンは、乳腺の発達、利尿作用に関わり、またからだの体温を上げる働きもあります。

 

この二つのホルモンが バランスが一定に保たれてますと、体と心のバランスが良好ですが。

過度なダイエット、ストレス、が原因で バランスが崩れ 体と心に不調が生じます。