エステleafブログ

日焼け止めのSPFとPA

日焼け止めに表示されているSPFとPAは、それぞれ日焼け防止効果の強度を示してます。

なんとなく 数値が高い方が効果的の様な気がして 数値の高い方を選びがちですが

日焼け予防効果が高いのも良いですが、その分お肌に負担がかかっているので

TPOに合わせた日焼け止めオススメ致します。

 

SPFは紫外線B波からお肌を守るおおよその時間。SPFの数値が高いほど、お肌が日焼けするまでの

時間が長くなります。

お肌がサンバーン(肌が赤くなってヒリヒリする状態)を起こすまで、

夏の日差しの下は約20分と言われてます。SPF値は、この20分を

「どれだけ先延ばし出来るか」という数値です。例えばSPF30の日焼け止め効果がある場合

20分×30で約600分。 10時間効果があることになります。

 

PAは紫外線A波からお肌を守る強度を示します。PAは「+」で示され、きょうどが4段階で表示。

・+ やや効果ある  ・++ 効果ある  ・+++高い効果ある  ・++++極めて高い効果がある

普段の生活であれば PA++で十分ですよ。

 

ちなみにSPF50PA++++は 標高の高い雪山や南国のリゾート、塗り直す時間が無い時にオススメです。