エステleafブログ

石膏パックの効果

石膏パックの原料のシュウ酸カルシウムは、水に混ぜると化学反応を起こし

40から42℃の熱を発しながら固まる性質なんです!!

この性質を利用して美肌のためのパックとして使用されるようになりました!!

石膏パックは 何度も書いてしまいますが

お肌に載せると40℃から42℃の熱を発熱します。この時期には何とも心地よい温度です

クリームペースト状の石膏パックが 固まるまでに

じんわりと温められることで血行が促進し、肌の新陳代謝も促されて肌細胞うも活性化されます。

石膏パックが固まってくると、顔にピタッと密着されることで保温効果が高まり

パック前に肌に塗った美容液の成分を肌に浸透させます。

温熱効果による発汗作用で老廃物も排出され その老廃物は石膏が吸収

するので むくみも取れて顔効果もありますよ

リーフのフェイシャル石膏パックコースには ハンドマッサージも付いてきますよ