プラセンタエキスの美容効果

プラセンタエキスの美容効果について

プラセンタってなんですか?

  • yukibijin1.jpg「プラセンタ」は英語で、日本語では「胎盤」の事です。人間で言えば一個の受精卵を、わずか10ヶ月の間に一人の人間に育て上げる驚異的な働きを持つ組織です。ですからプラセンタには各種栄養素(ペプタイド・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・糖質)をはじめとして、酵素や多くの成長因子など、胎児の発育には必要不可欠な物質がギッシリと蓄えられているのです。
  • プラセンタは酵素や栄養分を胎児に与えるだけでなく、胎児に代わって肝臓・腎臓・肺臓・内分泌臓器・免疫機能の役目など人間一個の役割をするとともに、生命体を驚異的なスピードで、かつ、バランスのとれた形に作り上げることのできる神秘性を秘めた底知れない偉大なる臓器なのです。

プラセンタの安全性は?

  • purasenta1.jpg化粧品、健康食品の原料として豚由来のプラセンタエキスを使用しています。
  • 食肉用の豚を飼育するのに十分な衛生管理体制を持っている農場の物のみ使用しています。また、無病を確認した健康な豚の満期胎盤を使用しております。
  • 原料収集から製品にいたるまで数種類のチェック体制が組まれウィルス、バクテリアは一切含まれておりません。薬品原料と同じグレードで製造しております。また、アレルゲン性は認められず、毒性物質、ホルモン等も一切含まれていない事を確認しております。
  • 豚にはBSE(狂牛病)は感染しません。

プラセンタの美容効果は?

  • 絶世の美女クレオパトラやマリー・アントワネットの時代から愛用されていました。
  • プラセンタの埋没療法をして様々な効果を実感していたお医者様が注射薬として開発をしたプラセンタエキス。有用作用に妥協を許さず完成するまで18年の歳月を掛けて作り上げました。ですから改善効果が出るのに驚きはありません。年齢を問わずご使用いただけます。
  • 新陳代謝を増す作用、細胞賦活作用、肉芽形成促進作用、細胞分裂促進作用、弾性復元作用、美白作用、活性酸素除去作用、保湿作用、抗炎症作用などなど多くの有用作用により、シミ、シワ、ニキビ、タルミ、ソバカス、毛細血管拡張症、火傷、決まった化粧品しか使えない方、過敏肌などなどあらゆるお肌のトラブルに対応致します。
hadadanmenzu.jpg色素沈着を防ぐ

メラニン色素の合成を阻害して色素沈着を防ぎます。

過敏症の改善と抗アレルギー

過敏症はお肌(角質層)のバリアが壊れ、異物が侵入しやすい状態です。その結果、お肌を守ろうと神経の末端が角質層近くまで伸び、外の刺激に対し過敏に反応します。新しい真皮を作ることでお肌のバリアが修復され、異物の侵入を防ぎ、過敏肌は解消されます。

ターンオーバーの促進

細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高め、遅れがちになったお肌のターンオーバーを正常に整えます。

コラーゲン産生促進

お肌のハリの元(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を産生する線維芽組織の働きを活性化します。

血管の新生と血行の促進

血行を良くして細胞に必要な酸素や栄養素の補給、老廃物の排泄をスムーズにします。

プラセンタは健康にも良い?

  • 現在でも存在するプラセンタエキスの保険適応注射薬の適応には「更年期障害、乳汁分泌不全」「慢性肝疾患における肝機能の改善」とあります。いずれもプラセンタの抽出物ですがこんなに違うのです。昔、厚生労働省から許可を受けた注射には「胃漬傷、十二指腸漬傷」薬もありました。人間が本来持っている生理機能を高める働きがあるということは、いかに様々な有用作用があるかご理解いただける事でしょう。
  • 組修復作用、肉芽形成作用、免疫賦活作用、活性酸素除去作用、副腎・脳下垂体機能賦活作用、自律神経の安定化、ホルモンコントロール、抹消血液循環促進、造血機能促進などなど多くの有用作用により、体の健康管理にお役立てください。
  • 肝臓病。自律神経失調症、更年期障害、低血圧、高血圧、冷え性、生理痛、生理不順、自己免疫疾患(膠原病・リュウマチ・円形脱毛症など)、病後・手術後の体力回復、虚弱体質、創傷、アレルギー疾患、貧血、痔疾患などなど。

シミに対する作用

新陳代謝をあげて古くなった細胞を押し出す!!

「美白を求めるための必要なメカニズム」
スノーデンプラセンタエキスにはメラニン産生を阻害する働きがあります

プラセンタエキス陽差しが強いときメラニン色素は多く作られます。紫外線を浴びたりすると、活性酸素ができて身体に様々な害を及ぼします。

効能その害のうちの1つがメラニン色素の生産増加です。つまり紫外線を浴びることにより活性酸素がたくさんできてメラニン色素が多く作られて、シミになってしまうわけです。
※黒い部分がメラニン色素→
【無添加の場合】

 

purasentaekisunosayou03.jpgプラセンタエキスは活性酸素を取り除く働きがありますのでメラニン色素の過剰な産生を制御します。

purasentaekisunosayou04.jpg右の写真はプラセンタを添付する事によって、メラニン(黒い部分)が白色化していることを示しています。
【プラセンタエキス添加】

 

シワに対する作用

線維芽細胞増殖促進作用

線維芽細胞(コラーゲン・エラスチン等を作っている細胞)この細胞の数が増える!!・・・ということは?

siwamoaruohada.jpg美白成分として有名なプラセンタエキスですが。「シワ」にも有効です。お肌の内側の「真皮」にある、保湿成分:コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸等は、加齢・炎症・紫外線等の影響で、ねじれたり切れたりして、シワの原因になります。

スノーデンプラセンタエキスにはわずか0.0001%というレベルで、線維芽細胞の増殖を数倍高める働きがあります。

真皮にある線維芽細胞が絶えずコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸等をつくって、ふるくなったものと交換しているので、みずみずしいお肌が保たれているのです。しかし線維芽細胞の元気がなくなると・・・交換が滞り、水分も保てなくなってしまいます。